· 

令和2年花まつり

新型コロナウイルス流行に伴い、お接待の内容を大幅に縮小しての開催となりました。例年より参拝の方も少なく寂しい境内でしたが、春爛漫の空気に包まれて、良い縁日となりました。

コロナ禍で中止となりましたが、今年は多摩らいふ倶楽部主催の「多摩のみほとけを知る 御開帳日に東大和・慶性院を訪ねる」という企画があり、大勢の参拝者にお出でいただけるのを楽しみにしておりました。催行されれば女子美術大学名誉教授である齋藤 経生先生を講師とし、仏教文化や当山薬師如来を始め日光・月光の両脇侍像や十二神将像にまつわる仏像文化のお話をいただける予定でした。いずれ何かの機会に皆さんにもお話をいただける企画をしたいと考えています。