”慶びの聖地” 白部山慶性院

 

当山は開山以来400年以上の歴史を有し、江戸時代に編纂された新編武蔵風土記稿では医王寺として紹介されていた真言宗豊山派のお寺です。

 

ご本尊は、お不動さま(不動明王)で、奥の院には特に眼病平癒のご利益があるお薬師さま(薬師如来)をお祀りしております。

 

3つの巡拝霊場札所に指定されており、壇信徒の方だけでなく、霊場参りの方も多くいらっしゃいます。

 ・多摩新四国霊場 第四十一番札所

 ・奥多摩新四国霊場 第七十八番札所

 ・狭山三十七薬師霊場 第三十六番札所

 



お知らせ

  • 不定期更新の歳時記やお知らせはこちら

NEW 慶性院便りで令和3年施餓鬼会の様子を更新しました。

 


令和3年 秋のお彼岸 墓参の勧め

今年の秋のお彼岸は9月20日(月・祝)から9月26日(日)までとなります。

お彼岸は墓参を通じてご先祖さまに日ごろの感謝を伝える大切な行事です。

また、日常生活ではついつい乱れがちな自らの行いを改めて正すことを実践する修行の期間でもあります。

 

ご先祖さまのご加護の下、「六波羅蜜」といわれる6つの心得を実践し、心豊かな日常をお過ごしください。

 

 

【六波羅蜜の心得】

  1. 布施:自分の持っているものを分け合い、優し心も分け合いましょう
  2. 持戒:正しく生きることを仏さまと約束しましょう
  3. 忍辱:嫌な時も怒りに任せることなく、耐え忍びましょう
  4. 精進:どんな時でも怠けずに励みましょう
  5. 禅定:心を静かに落ち着けましょう
  6. 智慧:真理を見抜く力を磨きましょう

 

この期間当山では本堂前にお茶をご用意いたします。

お墓参りの後、境内を抜ける秋の風に吹かれながら一休みください。

 

また、施餓鬼塔婆を墓地に建立されていない方は、本堂内でお預かりしております。

この機会に建立いただけるようお渡しいたしますので、お気軽にお寺へお声がけください。

 



メディア掲載情報


地球の歩き方に掲載されました

2019年6月発行の『04 御朱印でめぐる 東京のお寺』に続き、2021年4月発行の37 御朱印でめぐる中央線沿線の寺社 週末開運さんぽ』にご紹介いただきました。

学研出版さんの深堀記事『御朱印さんぽで、運気をアップ!!』もご紹介します。

中央線沿線というには少々距離があります。ご来山の際は、立川駅から多摩モノレールをご利用ください。


多摩モノレール沿線情報誌に掲載されました

多摩モノレール沿線情報誌「たまもの」2017年1月号(Vol.114)の『御朱印めぐり』でご紹介いただきました。

駅でお手にとってご覧ください。

また、多摩モノレールのWEBサイト上にあるバックナンバーからもご覧いただけます。